文字サイズ

ホーム > 教員紹介 > 阿部 聖 教授

教員紹介

阿部 聖 教授

出身校 中央大学商学部 同大学院
最終学位 商学修士
専門分野 日本経済史(近現代)
研究テーマ 日本エネルギー産業発展史、中部地域企業の国際展開、空襲史など
主な担当科目 日本経済史、地域産業史、企業発展論
個人用HP 個人ホームページへ

教員だより

教員だより

wine2.jpg 新潟県の最北に位置する村上市の出身です。現在は静岡県掛川市に、妻と愛犬バーディ(ラブラドール、メス)の二人+一匹で暮らしています。趣味は、バーディとの散歩、最近はあまり行かなくなった釣りです。

 JR掛川駅から豊橋駅までは約1時間かかります。電車にゆられている間は、私のプライベートタイムで、読書をしたり音楽を聴いたりして過ごしています。読む本は歴史・時代小説、ノンフィクションなど仕事には関係のないものが多いですね。歴史・時代小説では、吉村昭という作家が大好きです。最初に読んだ作品は『破獄』だったと思います。ついでに藤沢周平もおすすめですよ。音楽はジャンルを問わず聴きます。アイポッドは手放せません。時々、各国のアイチューン・ストアをチェックします。そこで、イギリスの女性歌手が歌っている「Do not stand on my grave and weep」という曲を見つけたり、日本ではほとんど知られていない歌手や曲に出会ったりしています。楽しいですね。

 勉強の話も少し。専門演習(ゼミナール)では、毎年、夏休みを利用して地域の工場や施設を訪問しています。最近三年間のテーマは2009年「愛知の地域ブランド」、2010年「三河の漁業と養鰻業」、2011年「東三河と遠州の繊維産業」です。伝統産業・先端産業、農業・漁業・製造業を問わず、学生のみなさんといろいろな工場や施設を訪問して、地域の産業について勉強してみたいと考えています。よろしく。

 ※写真は北海道の炭鉱を見学に行った時に立ち寄ったワイン城、「このワインはぜーんぶわいんやでー!?」なんて気持ちでしょうか。

ページ
トップ