文字サイズ

コース紹介

ホーム > コース紹介 > 健康・スポーツコース

健康・スポーツコース

まちづくりコース

誰もが健康に暮らせる社会づくりのため健康づくり、スポーツ振興の可能性を学びます。

地域政策の最終的な目標は、安全・安心で活き活きとした暮らしの実現です。
そのためには「サクセスフル・エイジング」(幸せな人生を送り、天寿をまっとうすること)が不可欠です。
本コースでは、地域に暮らす人々がいつまでも自立的に、質の高い生活を送ることができるよう、地域の健康政策・スポーツ政策の基本を学び、その策定の担い手を育成します。
また、イベント・ツーリズムなどの健康産業としてのスポーツ、コミュニケーションツールとしてのスポーツ、アダプテッド・スポーツなど、スポーツの多彩な可能性を追求します。

科目ピックアップ

健康・スポーツ政策論

日本で行われている、さまざまなスポーツ政策について学びます。

日本の健康政策と、地方自治体の健康づくり・要介護者ケアの基本である「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」と、その強化のために生まれた「新健康フロンティア戦略」および「スポーツ振興基本計画」の基礎知識を学ぶとともに、欧米を中心とする海外の健康・スポーツ政策を学習します。

少子高齢社会論

少子高齢社会の問題点についてさまざまな視点で考えます。

超高齢社会を目前にした今、人々のQOL(生命・生活の質)の維持と向上のための課題を迅速に解決することが求められています。まず、高齢社会・家族問題とその背景、少子化の原因を科学的に分析します。次に高齢者の地域生活のあり方、サクセスフルエイジング、少子化対策、子育て問題などを学びます。

健康行動論

健康の保持・増進につながる人間行動を考察します。

健康心理学や健康社会学、保健医療行動科学の立場から、生活習慣病の予防や、患者さんと医療従事者との関係などの問題を考察します。QOL(生命・生活の質)の維持・向上のための健康行動理論を学び、健康医療問題の解決にアプローチします。

地域スポーツ運営論

まちづくりやスポーツ政策との関係から地域スポーツの意義を学びます。

日本のスポーツ政策の柱である「生涯スポーツ社会」の実現には、地域スポーツ活動の活性化が不可欠です。この授業では、地域スポーツの意義や、総合型地域スポーツクラブのマネジメント、まちづくりとの関係における地域スポーツ振興の課題などを体系的に学び、地域スポーツの運営に貢献できる人材を育成します。

履修モデル

地域の人々が充実して暮らせるよう健康・スポーツ関連の仕事をしたい学生へ

「少子高齢社会論」などの基幹科目で基礎を固め、展開科目として「健康・スポーツ系科目」を中心に履修します。

  1年次 2年次 3年次 4年次
第1セメスター 第2セメスター 第3セメスター 第4セメスター 第5セメスター 第6セメスター 第7セメスター 第8セメスター
共通教育科目 外国語分野 Reading TOEIC Practical
English Ⅰ
Practical
English Ⅱ
       
Communicative
English Ⅰ
Communicative
English Ⅱ
Advanced
Reading Ⅰ
Advanced
Reading Ⅱ
       
入門ポルトガル語 Ⅰ 入門ポルトガル語 Ⅱ            
基礎ポルトガル語 Ⅰ 基礎ポルトガル語 Ⅱ            
数理・
情報分野
自然分野
社会分野
人文分野
総合
情報総合演習 トレーニング科学 政治学 社会データ分析入門 日本語学      
健康科学 レクリエーション論            
憲法 社会学            
心理学 スポーツ文化論            
地球環境問題              
体育分野   スポーツ・健康演習            
専門教育科目 演習科目群 学習法(通年) 学習法(通年) 研究法(通年) 研究法(通年) ゼミナールⅠ
(通年)
ゼミナールⅠ
(通年)
ゼミナールⅡ
(通年)
ゼミナールⅡ
(通年)
            卒業研究(通年) 卒業研究(通年)
基幹科目群 政策分野科目 地域政策入門 現代日本の政治 行政の諸領域と法 地域の自治と政治 リスクコミュニケーション      
現代経済事情 経済原論 国土計画論 金融論        
    財政学 地方財政論        
地域関連科目   現代の地域問題 少子高齢社会論pick up掲載科目 地域コミュニティ論 東海地域の今日的課題 地域政策学特殊講義    
展開科目群     健康・スポーツ政策論pick up掲載科目 健康行動論pick up掲載科目 公衆衛生 精神保健 スポーツマネジメント論 アダプテッドスポーツ論
    公共政策論 スポーツ社会学 保健医療政策論 地域スポーツ運営論pick up掲載科目    
        スポーツ経営学 食品安全政策論    
        経営法務論 社会福祉政策論    
          教育政策論    
          東アジア経済事情    
隣接・
関連科目群
    スポーツ方法 Ⅰ     スポーツ方法 Ⅳ    

教員紹介

各科目を担当している教員については教員紹介をご覧ください。

めざす将来

  • 公務員
  • 健康関連企業
  • スポーツ関連企業など

健康づくり・スポーツ振興による地域活性化の推進に関する知識と能力をあわせ持った公務員(健康・スポーツ政策の立案者)、健康関連企業やスポーツ関連企業での活躍をめざします。また、直接スポーツの専門家として働かなくても、生業として別の仕事を持ち、休日等にスポーツの指導や福祉活動を行い地域貢献するという道もあります。

先生からのメッセージ

教授 新井野 洋一

心からスポーツが好きで好きで、一生スポーツに関わりたい人に会いたい。

地域政策学部に健康・スポーツコースを設置したのは、スポーツクラブの経営方法を指導するためではありません。私たちは本コースで、21世紀の新しい人生像・健康像を構築したいのです。人間は必ず死にます。だからこそ今、人生を自分らしく生きることの大切さが見直されており、そのための手段としての健康・スポーツに注目が集まっています。本コースでは、人が自分らしく生きるための基礎であるADL(日常生活動作)向上のためのスポーツだけでなく、まちづくりのツールであり、また世界共通のコミュニケーションツールでもあるスポーツの多彩な可能性を学びます。心からスポーツが好きで、一生、スポーツに関わっていきたいと強く願う人をお待ちしています。

学生からのメッセージ

ページ
トップ